利用規約

第1条(規約の適用)


1. 読者が、セジデム・ストラテジックデータ株式会社(以下、「弊社」といいます。)の運営するウェブサイト: ワールドネットにおいて提供する有料記事配信サービス(以下「本サービス」といいます。)を利用するためには、 ワールドネット購読規約(以下、「本規約」といいます。)にご同意いただくことが条件となります。
2. 本規約は、読者が行う一切の行為に適用されるものとし、読者は本規約に同意の上本サービスを利用するものとします。
3. 本サイト上において提示する諸規定は、それぞれ本規約の一部を構成するものとし、当該規定と本規約の定めが異なる場合には、本規約の定めが優先するものとします。

第2条(規約の範囲及び変更)


当社は、読者の承諾なく、本規約を変更できるものとし、当該変更は、本規約で別途定める場合を除き、 当社から読者へ、当社のWebサイト上での告知、その他の手段により通知した時に有効となるものとします。

第3条(利用の申込、承諾)


読者は、本規約に同意していただいた上で、本サービスにおいて当社が別に定める手続きに従って読者情報の登録(以下「登録」といいます。)を行ないます。

第4条(読者情報の登録)


1. 読者は、次に掲げる読者に関する情報を登録します。
 [1] メールアドレス
 [2] パスワード
 [3] 住所
 [4] 電話番号
 [5] その他定期購読に必要な弊社が定める必要事項
2. 前項の内容に変更があった場合は、発行者は「登録情報」より速やかに変更をしなければなりません。

第5条(本サービスの提供)
1. 記事は、あらかじめ定められた所定の更新日にワールドネットのサイトに新しい記事が追加されます。
2. 読者は、記事が休刊されることがあること、また配信日以降の別の日に振り替え発行されることがあることに同意するものとします。
3. 読者は記事の内容、更新条件が変更されることがあることに同意するものとします。変更に同意しない場合、読者は、購読を解除することができます。

第6条(定期購読の解除)


次の場合に記事の購読が解除されます。
1. 読者によって、購読が解除されたとき
2. 購読中の記事の更新が停止されたとき
3. その他、弊社が購読の解除が必要と判断したとき

第7条(禁止行為)


読者は、本サービスを利用するにあたり次の行為をしてはならないものとします。
1. 購読した記事の内容を利用し、発行者のプライバシー、著作権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
2. 他者に対して、自身の権利を譲渡する行為
3. 他者に自身のアカウントを使用させる行為
4. 弊社が行う事業の運営に支障を与える行為、または与えるおそれのある行為
5. その他、弊社が不適切と判断する行為

第8条(利用停止)


弊社は、読者に本規約に反する行為があったとき、記事の購読及び「ワールドネットメインメニュー」へのログインを停止します。
1. 本規約に反する問題が解決された場合は、記事の購読及び「ワールドネットメインメニュー」へのログインを再開することができます。
2. 本規約に反する問題が解決されない場合は、当該する読者のアカウントを廃止し、以後一切の利用を禁止します。

第9条(著作権)


1. 読者は、事前に弊社又は著作権者の許諾がある場合を除き、 本サービスを通じて提供されるいかなる著作物(テキスト・画像・写真・音声・動画等)についても、 著作権法第30条第1項で認められる私的使用のための複製を除き、複製、改変その他いかなる利用もすることはできません。
2. 前項の規定に反して問題が発生した場合、 読者は自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、弊社にいかなる迷惑または損害を与えないものとします。

第10条(購読料)


1. 弊社は、本サービスで配信している記事の購読料を読者より回収します。
2. 購読料の支払いは、請求書による銀行振込によって行います。
3. 購読料の取り扱いは次のとおりです。
 [1] 請求書で契約する読者には登録後に登録した翌月1日からその年の12月31日までの月額購読料金の合計を郵送にて登録した翌月に一括請求します。
 [2] 購読自動更新のため、登録した翌年からはその年の1月1日から12月31日までの月額購読料金の合計を郵送にて開始月に一括請求します。
 [3] 購読料を支払った期間の途中で記事の購読を停止すると、猶予期間となり残りの期間も記事が配信されます。
 [4] 購読中の記事が廃刊になった場合にかぎり、購読料の残額を銀行振込にて返金します。
4. 購読期間を残して退会した場合、IDが削除され、無料記事、猶予期間中の記事も購読出来なくなります。読者が自ら退会した場合、弊社は購読料の残金の返金は要さないものとします。
5. 読者が無料記事のみ購読する場合は購読料を課金しません。

第11条(記事の内容)


読者が記事の購読で得た情報を利用するときは、それによって生じるすべての結果の責任を読者自身が負うものとします。
記事の内容について、意見、異議を申し出たい場合は、メールにて問い合わせすることができます。

第12条(連絡)


1. 読者は、弊社に対する連絡は、メールにて行うものとします。
2. 弊社は、読者に対する連絡は、メール又は所定のウェブページへの掲載によって行います。
3. 前項にかかわらず、必要に応じて、電話、FAX、郵便その他の手段によって、読者に連絡を行うことがあります。
4. 請求書による支払いを選択した読者には、弊社より購読終了前に継続確認案内をメールにて行うものとし、 翌年の1月4日までに購読が解除されなかった場合は継続更新を受理したものとします。

第13条(本サービス提供の中断)


弊社は、次のいずれかに該当する場合には、発行者に事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。
1. 本サービスに使用する設備の保守又は工事のため、やむを得ない場合
2. 本サービスに使用する設備に障害が発生し、やむを得ない場合
3. 第一種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合
4. その他、弊社がサービスの中断が必要と判断した場合

第14条(本サービスの終了)


弊社は、相当の周知期間をもって発行者に通知の上、本サービス及び本サービスの一部を終了することができるものとします。

第15条(免責事項)


弊社は、読者及びその他関係者が受けた次の各号の損害について、一切の責任を負わないものとします。
1. 記事の内容について読者及び第三者から提訴またはクレームがあったとき
2. 弊社の責めによらない事由により、読者への連絡が伝わらなかったことによって発生した損害
3. 弊社の責めによらない事由により、ID・パスワードが不正利用されたことによって発生した損害

第16条(準拠法)


本規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。

第17条(裁判管轄)


弊社と読者との間で生じた紛争については、弊社の本店を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第18条(規約の改定)


1. 弊社は、必要に応じて、予告なく本規約を改定することができるものとします。
2. 前項の改定内容が大きな影響を与える場合には、相当の周知期間をもって、読者に通知の上、本規約を改定するものとします。
3. 読者が、本規約改定の効力が生じた後、記事を購読した場合は、改定後の規約に同意したものとみなされます。


2011年11月1日:制定、施行 最新改定:2014年10月1日